究極の省エネブレーキローラーシリーズ|旭金属製作所
  • モーターローラー
  • 英語サイト
MBR取扱説明

安全上のご注意

  • ●始業時には、本製品の機能及び性能が正常であることを確認してからご使用ください。
  • ●本製品が万が一故障した場合、各種の損害を奉仕するフェールセーフ等の安全対策を予め配慮願います。
  • ●改造された製品につきましては、機能及び、性能の保証はできかねますのでご留意ください。
  • ●本製品には、回転方向があります。ローラー側面に記載しておりますので、確認の上使用願います。
  • ●両端軸には、付属の取付金具にてしっかりと固定願います。(図-1 参照)
  • ●ぶつけたり、落したりしますと内部機構を傷つけることになりますので、衝撃等を与えないでください。
安全上のご注意 図-1

ご使用のまえに

2-1製品の取付

●金属製のフレーム等に、付属の取付金具でしっかりと固定してください。

●下記への設置は注意ねがいます。

  • 直射日光のあたる場所
  • 振動や衝撃が直接加わる場所
  • 周囲温度-5~40度の範囲を超える場所
  • 周囲湿度85%RHを超える場所
  • 結露する場所
  • 腐食性ガスや可燃性ガスのある場所
  • ほこり、塩分、鉄粉、油煙が多い場所
  • 水、油、薬品等のしぶきがかかる場所
  • 強磁界、強電界の発生する場所
  • 放射線を受ける場所

2-2 設置

  • MBRが搬送物と必ず接する様、フリーローラー面より高く(約0.5mm)設置願います。
  • 回転方向を確認のうえ設置願います。
  • ø38、ø42、ø48、ø50等のローラーに設置する場合、弊社の落し込み金具(有償)を使用すると便利です。(図-2)
ご使用のまえに 図-2

寸法及び仕様

フレーム内寸とブレーキローラーとの隙間約5mm必要 (指定のない場合、5mmの隙間があります)

MBR取付寸法図
付属の取付金具
  • メカニカルブレーキローラー(MBR)は回転方向があります。ローラー側面に記載しておりますので正規の方向で取付願います。
  • メカニカルブレーキローラー(MBR)の両端軸には必ず付属の取付金具をフレームにしっかりと固定してください。
    固定軸(シャフト固定)には出力側取付金具を設置。枚数=大中小の3枚
    ワンタッチ軸(シャフトスライド可能)にはワンタッチ側取付金具を設置。枚数=1枚
取付方法・取外し方法

運転のしかた 運転のまえに

  • ブレーキローラーは付属の取付金具にて軸をしっかりと固定していますか? (固定軸側は3枚セット・ワンタッチ側は1枚)
  • ブレーキローラーの設置環境は良いですか?
  • ブレーキローラーは搬送物に接していますか?
  • ブレーキローラーの設置場所は設計通りですか?
    ブレーキローラー(MBR)ピッチ P ≦ 搬送物 L + フリーローラーピッチ
  • 運転のしかた 運転のまえに
  • ブレーキローラーが万一故障した場合、各種の損害を防止するフェールセーフ等の安全対策はできていますか?
  • 安全にお使い頂くため、当初の使用条件と異なる場合は必ずご連絡ください

故障かな?

下記のような場合は、故障でないことがありますので一度お調べください。
ブレーキローラーが回転しない。(ブレーキが効きすぎる・効かない)

1)ブレーキローラーとフレームとの間に、隙間はありますか?
2)ブレーキローラーの回転方向の誤りはないですか?
3)ブレーキローラーは搬送物に接していますか?
4)ブレーキローラーは設計通りの機種を設置していますか?
5)ブレーキローラーは設計通りのピッチで設置していますか?

お問合せ先

株式会社 旭金属製作所

〒675-2301 兵庫県加西市北条町小谷140
TEL:0790-42-1214 FAX:0790-42-0274

※本取扱説明に記載致しております仕様は、予告なく変更させていただく
 場合がございますので、御注文の際はご面倒ですが、営業部までご確認を
 お願い致します。